#世界遺産富岡製糸場と眼鏡橋を巡るバスツアー [2Kの画日記]

Y2K_3368.jpg


Y2K_3361.jpg


Y2K_3369.jpg
















ボチボチ 空いてきたかなぁ

富岡製糸場

なんて 話しをしたら

ググったら こんなツアーがあるよ予約入れる?

ということで行って来た

世界遺産富岡製糸場と眼鏡橋を巡るバスツアー


なんですが

最初に到着したのは 鐡道文化村というところ

いろんな車両が展示されてて

なかなか面白かったです


どうにも撮りようがないので

とりあえず 憧れというか

子供の頃 乗ってみたかった車両の

エンブレムだけ撮ってみました

アレっすね

被写体デカクて難しいっすね

走ってる姿なら 風景ごと撮れるんでしょうが

展示されてると他の車両も入っちゃうしなぁ

なにせ ギッチギッチに展示されてて

いろんな車両がみれる分 くっついて置いてあるんっすよ

それでも

夢中になって撮ってたオッサンの独り言だと

大宮より良いとか

一緒に行ったyokoteeも同じようなこと言ってたので

そうなのかもね









今日はズーラシアに行ってきます

初めてなんですよねぇ

かなり広いらしいからなぁ

望遠必須だろうし

機材重いと帰ってグッタリしそうだなぁ




10時半 中山の駅集合です

お暇な方はど~ぞ

って勝手に誘って良いのかな(笑)

仕切り 濱男さんです

















nice!(305)  コメント(15) 
共通テーマ:アート

nice! 305

コメント 15

yokotee

あ、でも鉄道博物館は室内なので
文化むらのように雨ざらしではなかったです
by yokotee (2017-06-10 00:37) 

くまら

どーせとるなら1車種ですが
博物館系は無理ですよね
by くまら (2017-06-10 00:41) 

DON

ズーラシアって オカピーの記憶しかないなぁ
by DON (2017-06-10 01:24) 

足立sunny

鉄道唱歌、けっこういい歌なんですねぇ、しみじみ。
わたらせのお守りすごく面白いです。
by 足立sunny (2017-06-10 05:33) 

Inatimy

さくら・・・寅さん思い出しました^^。
いいなぁ、ズーラシアにお出かけとは♪
すごく可愛いダルマワシ、いつか見に行きたい。
by Inatimy (2017-06-10 06:19) 

tommy88

どこでも鉄道博物館はウキウキします
子ども心がまだ生きとるのかな
わたし船も好きですが
船の博物館は少ないですね

by tommy88 (2017-06-10 06:48) 

snow

「とりあえず 憧れというか
子供の頃 乗ってみたかった車両」
子どもの頃にスパーカーブームと並んで
列車のブームもあったもんなぁ(^^)/
by snow (2017-06-10 06:50) 

chibacandy

鉄道唱歌久しぶりに聞きましたがこんなにゆっくだったのね!
まるでこの列車に乗っているようです(^^♪
今日は暑いですよ!水分補給しっかりと!
by chibacandy (2017-06-10 07:09) 

なんだかなぁ〜!! 横 濱男

暑さ対策、忘れずに~!!
チョウ~望遠・・・コンデジです。(^0^)

by なんだかなぁ〜!! 横 濱男 (2017-06-10 07:36) 

KOME

暑そうなので、お気をつけて。
by KOME (2017-06-10 08:47) 

たじまーる

ブルトレのヘッドマークいいですねえ(*´ー`*)
さくらは今では九州新幹線になっちゃいましたよね(((^^;)
先日は息子への誕生日コメントありがとうございます<(_ _*)>
by たじまーる (2017-06-10 12:48) 

Hiro

子供の頃はブルートレインに乗ってみたかったなぁ。
by Hiro (2017-06-10 18:47) 

kabu

お守り よいですね♪  あったかい(*´ω`*)
ズーラシア 10年以上前に一回行ったなぁ
オカピーまだいましたか?
by kabu (2017-06-10 21:26) 

美美

エンブレム、見ていると欲しくなっちゃいます(^^;
今日は良いお天気だったので皆さん日焼けしたのでは~
by 美美 (2017-06-10 22:13) 

yokotee

お疲れさまでした!
次回もよろしくお願いいたします
by yokotee (2017-06-10 23:56) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント